読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラダがひらく ココロがひらく 自分がひらく

心地良く自分自身でいること、ただそれだけ

すべては自分の反応で決まる

         f:id:moon_water:20160315100440j:plain

 

チェンマイでは、お寺の瞑想センターで瞑想の時間を持つようにしている。

わたしが参加するのは、ドイステープ寺の瞑想センター

瞑想センターは全て英語で行われるので、世界中から参加者が訪れる。

今回は3週間滞在し、ココロにへばりついていた余計なモノをすっかりと削ぎ落としてとてもスッキリした。

 

どの瞑想センターでもそうだが、毎日お坊さんの法話(Damma Talk ダンマトーク)がある。

ドイステープ寺瞑想センターのお坊さんは、ユーモアたっぷりにわかりやすくお話してくれるので、早朝5時半から1時間のダンマトーク時間が毎回楽しみになる。

 

毎回深くうなずくことばかりだが、その中でも特に印象に残ったものを分かち合いたい。

 

何者もあなたを不快にしたり傷つけたり不幸にしたりすることはできない。

いまの自分の状態は、すべて自分で選んでいる。

すべては、自分に起こるモノゴトに対する自分の反応次第なのだ。

 

例えば上司あるいは同僚に「もっと頭の回転良くしてよ。チームの足をひっぱらないでくれ」と言われたとしよう。

これを聞いて、あなたはどう感じるだろうか。

落ち込むかもしれない。劣等感、罪悪感、失望、ひがみ・妬み、不安の感情がどんどんココロやカラダを覆っていく。

激高するかもしれない。激しい怒り、嫌悪、憎悪、うんざり、不信感の感情がどんどんココロやカラダを覆っていく。

 

しかし、これは自分がその言葉にどう反応するかで全く違ったものになるのだ。

 

「ふーん、そう見られていることもあるのか、面白い」

「この人なりにわたしにアドバイスをくれようとしているんだろうな。まあ表現の仕方を学ぶ必要ありだけどね」

この反応は、起こったことに対して距離を置いて客観的に見ている。

 

ポジティブ思考をしろと言っているのではない。

わたしはどんな感情もOKだと思っている。

その感情を持ち続けてるのか(握りしめたままにするのか)、あるいは自分はそういう感情を感じていると受けいれ、そして切り替える(手放す)のか。

 

自分がどう反応するかによって、自分の状態も変わってくる。

そしてどう反応するかは自分が選ぶことができるのだ。

 

「反応は自分で選ぶことができる。」

そのためには普段から自分やモノゴトを観察する練習が必要になる。

人は過去からの経験の積み重ね(習慣・その人のパターン)によって、起こったモノゴトに対して脊髄反射的に反応していることがほとんどだ。

自分のそのパターンを認識することで、無意識の反応(脊髄反射的反応)から意識的な反応に変えることができる。

 

反応の仕方を変えるだけで、日常が人生が劇的に変わる(良いほうに!)から面白い。

 

なんとなくでも気になったら、実験と思ってぜひ試してほしい。

人の言うことを鵜呑みにするより、自分で試してみて結論を出そう。

 

生きるって面白い!

 

 

カラダとココロを元気にするプログラム

 Moon Water