読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラダがひらく ココロがひらく 自分がひらく

心地良く自分自身でいること、ただそれだけ

もうひとつの感覚

     f:id:moon_water:20150601182833j:plain

 

五感を研ぎ澄ませて「感じる」。

それは「いま」にある自分を感じること。「いま」を味わい尽くすこと。

 

視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の5つの感覚。

実はもうひとつとても大切な感覚があることを知っているだろうか。

 

筋感覚

 

筋感覚はわたしたちに自分のカラダの位置と動き、サイズを教えてくれる感覚である。

どのように動くのか、どこが動くのか、そしてどのような性質のうごきであるかをとらえる能力のことだ。

 

この筋感覚が磨かれれば、それだけ日常の動作がバランスのとれた、自由でスムーズで、自在な動きとなる。つまりカラダにへんな負荷がかからないということ。

筋感覚を使って、カラダの動きの大きさ、位置、質を感じるように訓練しておくことで、体勢や動きをすぐに修正することが可能となる。

 

筋感覚を磨くための自分への問いかけ

  • カラダのどの部分を動かしているか
  • 小さな動きを感じられているか
  • 動きは自由か、それとも苦労しているか
  • 動きは軽いか、それとも重いか
  • 呼吸の動きを感じているか
  • 目の動き、頭や首の動きなどを感じているか
  • そえぞれの動きの質はどうか
  • カラダのかすかな動きを感じているか
  • 本を持っているとき、腕や手はどのように感じているか
  • 背中やそれ以外の部位はどう感じているか

   「歌手ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと」

    メリッサ・マルデ、メリージーン・アレン、クルト=アレクサンダー・ツェラー著 

   (春秋社 2010)

 

カラダの内側だけでなく、外のものも感知する。

わたしたちはつねに、感覚を拡げるのかどうかを自分で選べるのだ。

 

 

 

カラダとココロを元気にするプログラム

 Moon Water