読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラダがひらく ココロがひらく 自分がひらく

心地良く自分自身でいること、ただそれだけ

散ることが新たな始まり

           f:id:moon_water:20160331155140j:plain

 

 近所の桜並木がもうすぐ満開になる。

見事な桜のトンネルを創り出すその坂は、すぐ近くにある目黒川沿いの桜並木のように認知度は高くないが、わたしの大好きな大好きな桜スポット。

満開のときもただただ至福感に包まれるが、一番惹かれるのは桜吹雪。

 

桜吹雪はなぜあんなにも美しいのだろう。

 

名前のことだま」の中で、こんなことが書いてあった。

桜の花が散るのは単に花びらが落ちるのではなく

落ちることでチカラが生み出されるのです。

 

あらたなチカラが生み出されるとき

それが桜の花びらが散る時なのです。

散ることが新たな始まりなのです。

 

桜吹雪の美しさはこれから始まる新しい命の

美しさを教えています。

 

桜吹雪に自分の全てが包まれるとワクワクするのは、新たな始まりを予感しているからかもしれない。

 

日本では4月は入学式やら入社式やらと大きな節目の月。

明治時代に会計年度に合わせて学校も4月始まりになったらしいが、桜の時期に重なって感動が一層深くなるように思う。

 

さあ、今週末は美しい桜の木の下でピクニックだなー。

 

生きるって面白い!

 

 

カラダとココロを元気にするプログラム

 Moon Water