読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラダがひらく ココロがひらく 自分がひらく

心地良く自分自身でいること、ただそれだけ

すべてはカラダにあらわれる

       f:id:moon_water:20150527194341j:plain

 

4−5年前くらい前に、あることに気がついた。

その頃のわたしは、「上半身が前へ前へと突っ走るのに、下半身が置いてきぼり気味」ー そんな形容がピッタリなカラダの使い方をしていたのだ。

ヨガをしているときも、水泳をしているときも、デスクワークをしているときも。そんなカラダの使い方をしているから、どことなくバランスが悪いといつも感じていた。

 

その頃は自分の人生のなかでのひとつの大きな節目の時期で、「これからのこと」「未来のこと」ばかり夢中で考えていた。意識が「いま」ではなく、つねに前へ前へ先へ先へと向かってしまうときだった。

もしかしたら、その頃のわたしは実際に上半身が前に傾いていたのかもしれない。

 

気は頭にのぼりがちで、足が地についていない状態だったのだろう。あるときそんな自分にハタと気がついて愕然とした。

 

カラダには、その人のココロの状態や思考の傾向、性質が如実にあらわれる。

 

こんなこともあった。

ヨガセラピーのトレーニングをアメリカで受けているときのことだ。

アーユルヴェーダの授業のときに、3つのドーシャ(体質のようなもの)で、ある特定のドーシャの数値が極めて高い人をドーシャ別に選んで、ヨガの同じポーズをとってもらった。3人がとったポーズを同時に比べると、ドーシャの特徴があまにりも正確にそれぞれに反映されていて、見ている生徒全員で爆笑してしまったほど。

その人の日頃の姿勢・態度・性質が見事にポーズにあらわれていた。

 

わたしは常々、人の生き方は顔にあらわれる、と感じているのだが、それはカラダにもあらわれているのだと思うようになった。

 

心身一如

 

カラダってつくづく面白い。

 

 

カラダとココロを元気にするプログラム

 Moon Water